オリジナルの服を作るには|仕上がりが早い!ポイントを踏まえてオリジナルTシャツを作成
服

仕上がりが早い!ポイントを踏まえてオリジナルTシャツを作成

オリジナルの服を作るには

パーカー

素材や印刷方法が選べる

プリントや刺繍ができるのは、なにもTシャツばかりではありません。パーカーやトレーナーにも当然ながらできます。パーカーはフードがあるので印刷しにくいイメージですが、背中や胸元などワンポイントから大きなプリントまで対応してもらえます。なおパーカーのデザインや色しだいではかなり個性的な物ができるので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。またパーカーにプリントするには、シルクスクリーンの他インクジェットやデジタル転写やカッティングなどの方法があります。これはそれぞれに特徴があり、デザインや生地によって使い分けると効果的です。一口にプリントするといっても、発注数や印刷の種類、それに素材によって大きくコストが違います。いずれも予算や使い道に合わせて、自分に都合の良い内容で作成を依頼しましょう。

春から冬まで対応できる服

オリジナルのプリントパーカーは、Tシャツと同様ユニセックスで使用可能な点が人気です。さらに素材も厚手の裏起毛から薄手の半そでまで選べるので、時期によって使い分けもできます。特にフード部分が風や日差し除けに使えるので、スポーツや野外活動用としても使い勝手が良い服です。そのため年齢や性別に関わらず使える服として、いろいろなシーンで活用できます。パーカーは無地の物でも十分実用性が高い服ですが、そこにプリントを入れればファッション性も取り入れることが可能です。また企業名やチーム名、あるいはシンボルマークやキャラクターをプリントしても効果があるでしょう。パーカーにプリントするのはコストがかかりますが、その分気に入ったデザインの物ができるので既製品よりも良いメリットをもたらしてくれるはずです。